FC2ブログ

ブラウンの電動歯ブラシ、「PRO2000」から「PRO500」に戻る

生活
08 /02 2021
2018年11月14日に実質4,580円で購入した ブラウンの電動歯ブラシ・オーラルB「PRO2000」

のバッテリーが寿命を迎えたらしく、全く動かなくなってしまいました。充電もできません。

「まだ、3年も経っていないのに…」と悲しんでいる暇はありません。歯ブラシは毎日使いますから、当日中に次の機種を選定し、購入しなければ!(ネットショップすら遅いので、リアル店舗へ買いに行くのです!)

つい最近、安価な割に良質な互換ブラシ「ITECHNIK ブラウン オーラルB 対応 電動歯ブラシ 替えブラシ 12本入」

を 1,274円で購入したばかりですし、他にも数本、純正のブラシを在庫しているので、やはり次回も「ブラウン Oral-B」ブランドは確定です。しかし、本体を何にするかが悩ましいところ。

さて、どうしよう?

続きを読む

M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6 レビュー

写真
06 /06 2021
GX7mk2 と 9-18mm/F4-5.6
以前から気になっていたのですが、購入する機会を逸していたマイクロフォーサーズ用広角ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6」をついに入手しました。GX7mk2 との相性もバッチリです!

Amazon なら新品でも、税込 31,850円! いつの間に、こんなに安くなっていたんだ?
私は、ソフマップの中古・A級品(税込 29,678円)を、ビックカメラ株主優待券5千円分を使って、24,678円で購入しましたが、もし「優待券」の類が無ければ、Amazon で新品を買った方が良いと思いますし、きっと私もそうしたことでしょう。

小さくて(沈胴時の長さ 49.5mm)、軽くて(155g)、これで 9-18mm(35mm判換算18-36mm)というのが信じられません。
そして、肝心の写りも、かなり良いです。

以下、実写サンプルです(写真をクリックすると拡大します)。

続きを読む

*istDS のダイヤル修理と、五百円の FA 28-200mm

写真
04 /30 2021
近所のブックオフにて、フィルムカメラ時代の高倍率ズームレンズ「FA 28-200mm F3.8-5.6」(ペンタックス)の中古品が何と “510円” (税込)で売られていました。ちゃんと保護フィルターも付いているし、比較的キレイに見えたので、興味本位で買ってみました。

オールドレンズにはオールドボディ(?)ということで、初期のデジタル一眼レフカメラである *istDS(倉庫で眠っていた)に装着!
FA28-200mm と *istDS
軽く試し撮りしてみたところ、ちゃんと動作しているようです。但し、*istDS の背面(右上)のダイヤルが、接点不良のため誤動作しています(有名な症状らしいです)。かなりの重症に感じられ、あきらめかけていたのですが、こちらのブログ に対処法が書かれていたので、早速、百均ショップ(セリア)で、ガスライター専用ガスボンベを購入して、修理することにしました。
*istDS のダイヤル修理用のガスライター専用ガスボンベ(百均の商品)
このガスボンベから直接、*istDS の背面のダイヤルの左右の隙間に「噴射」します。
*istDS のダイヤル修理中
「左に0.5秒、右に0.5秒、左に0.5秒、右に0.5秒。念のため、10分待つ」を2セット繰り返しました。
半信半疑でしたが、本当に直りました! ビックリです!! 対処法を考案された方、ありがとうございます。

では早速、屋外へテスト撮影に行きましょう。

続きを読む

安価(4千円)で多機能なスマートウォッチの決定版「Gandley M5」

デザイン
03 /27 2021
プロトレックPRG-100TJ と 4千円スマートウォッチM5 の「気圧計」対決!
写真1:プロトレック PRG-100TJ-7JF(左)と 4千円スマートウォッチ M5(右)の「気圧計」対決!(右の20時が上昇しているのは、外出したため)

約1年間、5千円のスマートウォッチ「M4」を使ってきました(レビュー記事)。気に入って使っていたのですが、だんだん以下の欠点が気になってきました。

1.気圧の “変化” を見たい(現在値しか分からないので)。
2.Bluetooth が切れやすい。
3.バッテリーの持ちがイマイチ(ほぼ毎日、充電が必要)。
4.「手首を回転させて表示」が割と失敗する。
5.封印されている血圧計で遊んでみたい。

M4の後継機種と思われるM5にも注目していたのですが、なかなか値段が下がらず、M4で我慢していました。そんなある日、何気なく Amazon で調べてみると、この「Gandley M5」(↓)が税込 4,334円まで下がっているではありませんか!

税抜だと 3,940円です。M4の機能はほぼ全て踏襲し(おそらく性能は向上)、さらに新機能も追加されている様子。4千円なら買わない理由がありません。即決しました!

そうそう、アクセサリ類がM4と共用できる(流用できる)のも良いな、と思いました。
画面を保護するための「ガラスフィルム」(VacFun、直径37mm、4枚入り、税込899円)

はM4の時の余りを使えましたし、「ステンレス腕時計バンド」(Fullmosa、幅22mm、黒、税込1,799円)

はM4からM5に移して使っています。さらには、充電ケーブルも共用できるので計2本になりました。

以下、M5のレビューです。

続きを読む

2/24 まで「Music Maker 2021 Premium Edition」が 2,222円!

音楽・サウンド
02 /23 2021
入門者向けの音楽制作ソフト(DAW)である「Music Maker 2021 Premium Edition」が、2021/2/24 まで、ソースネクスト にて 2,222円(税抜)で購入できます。→ こちら をクリック!

定価は 13,500円(税抜)です。時々 4,980円(税抜)くらいで安売りしているので、その時に買っても “お買い得” なのですが、今回はさらにその半額以下! パソコン(Windows 10)で音楽を始めようと考えている方は、絶好のチャンスです! 1製品で、2ライセンス分あります(2台にインストール可能です)から、その場合は1台あたり 1,111円(+税) ですね。

私は2週間ほど前に、ソースネクスト社の「毎日ジャンジャン宝くじ」で1等に当たって、3,980円(税抜)で購入できましたが、それよりもさらに安いので、本当に驚いています。ていうか正直、ちょっと悔しい(笑)。宝くじ1等の意味って一体…。

続きを読む